厳選サイト紹介!

クレジットカード現金化・システムの基本

金額の大きいショッピング枠が現金に
現金化またはクレジットカード現金化と呼ばれるサービスが、今多くの人から注目を集めています。理由はさまざまですが結論から先に言ってしまうと「誰でも利用できる金融サービス」だからです。この「誰でも」というのはどういう人を指しているのかと言いますと、クレジットカードを持っている人という意味です。
今や学生でもクレジットカードを持っている時代なので、1枚も持っていないという人を探すほうが難しいご時世です。そのクレジットカードさえあれば、まるで消費者金融のキャッシングと同じようにお金を簡単に借りることができるのですから、特に消費者金融の審査に落ちてしまった人などからとても人気があります。では具体的にクレジットカード現金化はどういうシステムなのでしょうか。
クレジットカードには通常ショッピング枠とキャッシング枠というものが用意されています。ショッピング枠とは買い物のための限度枠で、キャッシング枠というのは現金を借りることができる枠のことです。そもそもクレジットカードとは欧米の小切手システムが電子化されたものなので、本来は買い物のためにあるものです。キャッシング機能は顧客サービスとしてオマケのようについているだけなので、かなり限度額が小さく金策に困っている人の役に立つかというと少々疑問です。
しかしショッピング枠は違います。クレジットカードの限度枠の大半を占めているショッピング枠は数十万円から、多いものでは数百万円という枠が設けられています。クレジットカード現金化とは、この豊富なショッピング枠を現金に換えるサービスなのです。
換金性の高いものをカードで購入して質屋かどこかで売れば、確かに換金はできます。しかしこれだと換金率が60%くらいになってしまうことが多く、金策どころか支払いが重荷になって逆効果です。そこでクレジットカード現金化はオンライン決済システムなどをうまく使うことで80%以上、業者によっては90%以上という驚異的な還元率(換金率のことです)を実現しており、これなら使えるということで多くの人の金策として利用されているわけです。